CDジャケットに記載すべきマークや規定文について

CDジャケットのデザインをするときによく分からないのがCDジャケットに記載しなければならない「マーク」や「規定文」等ではないでしょうか?品番やディスクマークは分かるとしても、著作権に関する文章やその英語表記など、何をどう記載すべきなのかよくわかりませんね。今回は日本レコード協会規格が推奨する「オーディオCDの表示事項及び表示方法」を参考にしながらご案内したいと思います。

【1】日本レコード協会規格によって推奨されている表記事項

日本レコード協会規格によって推奨されている「CDに表示されるべき基本的な項目及びその内容」が下記になります。「表示されるべき」という表現ですので、絶対に記載しなければならないという訳ではありません。ただ、CD発売後のトラブルを避けるため、商品を管理しやすくするため、流通会社から記載を薦められているため、記載したほうがメジャー感がでるから(笑)、など様々な理由があるかもしれませんが、自身にとって必要な項目をちゃんと判断して適切に記載する事が大切です。

システムロゴ CDの製造・販売に関するライセンス契約に基づくオーディオCD用のロゴ。
シンボルマーク 8センチオーディオCD用の業界統一マーク。
レーベルマーク 当該オーディオCDを発売するレコード会社が所有・管理する商標,原盤契約などに基づき使用する商標・マークなどの総称。
収録内容 アルバムタイトル,トラックタイトル,作者名(作詞者名,作曲者名など),実演家名(歌手,演奏者,指揮者など)など,当該オーディオCDに収録されている作品の内容に関する情報の総称。
トラックナンバ(TNO) オーディオCDの収録トラックを識別するための番号
録音方式又はその略号 当該オーディオCDに用いられた音源の録音方式名又はその略号。
録音使用許諾表示 当該オーディオCDに収録された音楽著作物は,権利者の許諾を得たものであることを明示するもの。
丸にPの表示 当該オーディオCDに関するレコード製作者の権利について,実演家等保護条約及びレコード保護条約の規定に基づく条約上の保護を受けるための必要要 件。表記方法は(P)、著作物の最初の発行年、製作者を記載します。
発売年月日 当該オーディオCDの新譜発売年月日(定期発売日又は臨時発売日)。
丸にL、丸にYの表示 当該オーディオCDが邦盤であるか、洋盤であるかを識別する記号。(L)は邦盤をあらわし、(Y)マークは洋盤をあらわしています。
貸与許諾禁止表示 当該オーディオCDを発売するレコード会社が貸与権に基づき,貸与許諾を禁止している商品の場合,その旨を明示するもの。
無断賃貸・複製・送信可能化禁止表示 レコード会社及び関係権利者の権利擁護のため,貸与権,複製権及び送信可能化権に基づき,違法な賃貸・複製・送信可能化行為を禁止する表示。
原産国表示 当該オーディオCDを製造した国名の表示。景品表示法に基づく商品の原産国に関する不当な表示(告示)及び運用基準による。
商品番号 RIS 502に基づく商品分類用の記号・番号(日用品番)。
JANコード JAN(Japanese Article Number)コード体系に基づくPOSシステム用バーコード。
価格 当該オーディオCDを発売するレコード会社が表示する小売価格。
再販価格適用期限 時限再販制度に基づく再販価格の適用期限(年月日)を示す表示。
発売会社名又はその略号 当該オーディオCDを発売するレコード会社の社名又はその略号
製造会社名又はその略号 当該オーディオCDを製造した会社の社名又はその略号。
注意事項 消費者の不用意な取扱や保管による事故を防止するための記載事項。“取扱上の注意事項”と“保管上の注意事項”とがある。
録音関係事項 消費者の誤解・誤認を防止するために表示する録音に関する記載事項。
容器包装識別表示 外装フィルム等の再商品化義務のある容器包装を識別する表示。

【2】自分のCDに記載が必要な項目をピックアップ

上記の項目をすべて記載しようとすると、さすがにボリュームが多すぎてジャケットがそれだけで埋まってしまいそうです(笑)。ですので、上記の項目の中からEXTREME-LABが判断した載せた方が良いと思う項目を以下にいくつかピックアップしました。おおむね、これらの項目を載せておけば問題はないかと思います。あくまで弊社でピックアップした項目ですので、追記が必要な項目や逆に必要ないという項目は自身でご判断下さい。

【3】一般的によく記載されている項目

システムロゴ

CDの製造・販売に関するライセンス契約に基づくオーディオCD用のロゴ。

レーベルマーク

当該オーディオCDを発売するレコード会社が所有・管理する商標,原盤契約などに基づき使用している商標・マークなど。

発売年月日

当該オーディオCDの新譜発売年月日(定期発売日又は臨時発売日)。※上記のサンプル画像で記載している「18.6.19」は2018年6月19日という意味になります。

品番(商品番号)

商品分類用の記号・番号。決まりはないためアルファベット3〜4字、数字3〜4字程度の好きな番号で良い。(例)ABCD-0001など

録音関係事項

消費者の誤解・誤認を防止するために表示する録音に関する記載事項。

(P)マーク&(C)マーク

(P)マークはオーディオCD制作者の原盤権について「実演家、レコード製作者及び放送機関の保護に関する国際条約」という国際条約に基づく保護を受けるための表示。(C)マークは万国著作権条約の規定に基づいた条約上の保護を受けるための表示。

製造年と(P)&(C)の権利者

制作したCDの製造年と(P)マーク、(C)マークの権利者。

原産国表示

当該オーディオCDを製造した国名の表示。弊社(エクストリーム・ラボ)の場合、台湾での製造なので「MADE IN TAIWAN」となります。

価格

当該オーディオCDを発売するレコード会社が表示する小売価格。

無断賃貸・複製・送信可能化禁止表示の英訳

(11)の表記を英訳したもの。

無断賃貸・複製・送信可能化禁止表示

レコード会社及び関係権利者の権利擁護のため,貸与権,複製権及び送信可能化権に基づき,違法な賃貸・複製・送信可能化行為を禁止する表示。

【4】その他、よく記載される項目

上記の項目以外にもよく記載されている項目があります。

JANコード(バーコード)

CDを流通させて販売する場合など、JANコードの取得・記載が条件になっていることがほとんどです。その場合はJANコードを記載します。

取り扱いのお願い

CD自体の取扱いについての注意文です。以下のような内容であることが一般的です。
●ディスクは両面共、指紋、汚れ、キズ等を付けないように取り扱って下さい。●ディスクが汚れたときは、メガネふきのような柔らかい布で内周から外周に向かって放射線状に軽くふき取って下さい。レコード用クリーナーや溶剤等は使用しないで下さい。●ディスクは両面共、鉛筆、ボールペン、油性ペン等で文字や絵を書いたり、シール等を貼付しないで下さい。●ひび割れや変形、又は接着剤等で補修してディスクは、危険ですから絶対に使用しないで下さい。〈保管上のご注意〉●直射日光の当たる場所や、高温・多湿の場所には保管しないで下さい。●ディスクは使用後、元のケースに入れて保管して下さい。●プラスチック・ケースの上に重いものを置いたり、落としたりすると、ケースが破損し、ケガをすることがあります。

(X)マーク ※貸与許諾禁止表示

当該オーディオCDを発売するレコード会社が貸与権に基づき,貸与許諾を禁止している商品の場合,その旨を明示するもの。

【5】注意すべき表記について

価格の税込表記

価格の表記については消費税についても記載する必要がありますが、消費税の税率が変わってしまう事を想定して記載する必要があります。例えば、2018年現在の消費税率8%で考えて「定価¥2,500(税抜価格¥2,315)」などと表記してしまうと、税率が10%になったときに誤りとなってしまいます。ですので「定価¥2,500+税」などと表記しておけば安心です。

原産国表記の誤り

原産国表記はあくまでもCDプレスを行った場所になりますので注意が必要です。つまり日本にある弊社(エクストリーム・ラボ)にご注文いただいておりますが「MADE IN JAPAN」と表記出来ると言う訳ではなく、弊社のCD製造工場のある「MADE IN TAIWAN」という表記にする必要があります。誤って「MADE IN JAPAN」と表記してしまうと、税関で止められてしまい輸入する事が出来なくなります。

【6】まとめ

以上、CDジャケットに記載すべきマークや規定文についてまとめてみました。規定文や著作権に関する表記は、自身の財産になりうる「CD」を守るために非常に大切なものです。特にインターネットで世界中に発信する事が出来る今は音楽家自身が自己防衛として作品の権利を守る知識を持っておく必要があるのではないでしょうか?このような点をクリアした上で、世界中に音楽を発信していければ幸いです。

CDプレス・ジャケットデザイン|EXTREME-LAB

Photoshopで手っ取り早く写真の周りを暗く(ケラレ)する方法


口径食(こうけいしょく)やケラレと呼ばれる、写真の周りが暗くなってしまう現象。
画像の周辺と中心とで明るさの差が発生してしまう事で発生し、写真撮影ではあまり良しとされない事ですがあえて取り入れたい事もあります。
意図的にケラレを発生させるメリットとして考えられる事としては、

・四隅を暗くすることで中央の被写体を強調してみせたい
・周辺と中央の明暗の差が時間軸の違いを想像させ、「回想」や「思い出」のような印象を与える
・周辺と中央との差が人間の中心視野と周辺視野のように感じるため、一人称視点の印象を与える


・・・といったところでしょうか。

Photoshopで写真の周りを暗くしたいという場合の手っ取り早い方法は、
レイヤーから「新規塗りつぶしレイヤー」→「グラデーション」を選択し、「スタイル:円形」「逆方向にチェック」を選択するだけです。
グラデーションの幅を変えたり、透明度などを返る事で好みのケアレに調整できます。

【1】「新規塗りつぶしレイヤー」→「グラデーション」を選択します。

【2】「スタイル:円形」を選択。「逆方向」にチェックをします。「比率」によってケラレの大きさを調整し、グラデーションの幅などを調整して範囲を設定します。

【3】レイヤーを「乗算」や「焼き込み(リニア)」にしたり「透明度」を変更することで写真に馴染ませます。

以上、口径食(こうけいしょく)やケラレをPhotoshopで簡単に生成する方法でした。
CDプレス・ジャケットデザイン|EXTREME-LAB

CDプレスの『投げ込み印刷』って何!?

posted in: CDプレス | 0

CDプレス|投げ込み印刷

CDプレスをする際に「投げ込み印刷」という用語がでてきますが、デザインや印刷について全く知識のない方に取っては何のことか分からないかと思います。何かを投げ込むんだろうな、という想像はできると思いますが単刀直入に言ってしまえば「歌詞カード」や「ライナーノーツ」などCDに封入する印刷物のことです。しかし、投げ込み印刷には沢山種類があり、紙質も何種類かありますので少し分かりやすくご紹介したいと思います。

投げ込み印刷は入れなければならない?

当然ですがそんなことはありません。歌詞がある音楽やライナーノーツなどを読ませたいという目的がある場合は入れた方がよいでしょうが、シングルで2〜3曲程度であればジャケット本体の中面などに記載することも出来ますし、投げ込み印刷を入れずコストを限りなく下げたいという場合はHPなどにそれらの情報を記載するというパターンもあります。しかしアルバムのように10曲以上になる場合などはジャケット本体に記載するにはスペースが足りませんので、歌詞カードを入れることが必要でしょう。

載せたい情報にあわせて仕様を選ぶ

投げ込み印刷は2ページから20ページまで多彩な種類があります。単純に歌詞を2〜3曲ほど載せたいという場合は2ページ(ペラ)で事足りると思いますが、写真やイラストなどを載せたりライナーノーツなども入れたいという場合は最大で20ページまでの仕様を選択することが出来ます。(※20ページの場合は封入出来るケースが限られてきます)ですので、どういった内容を載せたいのか大体の文量を把握した上でご注文いただくことが大切です。目安としてですが、少なめの歌詞であれば1ページに2曲ほど、多めの歌詞であれば1ページに1曲くらいとなる場合が多いです。

同じページ数でも折り方などが異なる

4ページ以降はすべてが中綴じ見開きタイプという訳ではありません。同じ8ページでも、中綴じ、巻々四つ折り、十字折りと3種類あります。特にブックレットタイプでの8ページと横に長い8ページ巻々四つ折り、そしてポスタータイプの8ページ十字折りでは手にした時の印象が全く異なりますので、文量だけではなくデザイン的な視点も含めてセレクトする必要があります。

投げ込み印刷_2P(ペラ)

投げ込み印刷_2P(ペラ)

投げ込み印刷_4P(二つ折り)

投げ込み印刷_4P(二つ折り)

投げ込み印刷_6P(巻三つ折り)

投げ込み印刷_6P(巻三つ折り)

投げ込み印刷_8P(中綴じ)

投げ込み印刷_8P(中綴じ)

投げ込み印刷_8P(巻々四つ折り)

投げ込み印刷_8P(巻々四つ折り)

投げ込み印刷_8P(十字折り)

投げ込み印刷_8P(十字折り)

投げ込み印刷_10P(10ページ折り)

投げ込み印刷_10P(10ページ折り)

投げ込み印刷_12P(中綴じ)

投げ込み印刷_12P(中綴じ)

投げ込み印刷_16P(中綴じ)

投げ込み印刷_16P(中綴じ)

投げ込み印刷_16P(16ページ折り)

投げ込み印刷_16P(16ページ折り)

投げ込み印刷_20P(中綴じ)

投げ込み印刷_20P(中綴じ)

紙質も選べる

弊社エクストリーム・ラボでは投げ込み印刷について紙質を変更することが出来ます。通常の紙質はコート紙(グロスニス)ですが、他にはコート紙(マットニス)、マットコート紙、新聞紙、クラフト紙、上質紙、トレーシングペーパーなどが選ぶことが出来ます。それぞれ風合いが異なりますので、投げ込み印刷のデザインや楽曲の雰囲気などに合わせて適切な紙質をお選びいただくことによりリスナーにより深い印象を与えることが出来ます。

投げ込み印刷・紙質変更
仕様/枚数 1〜500枚 501〜1000枚 仕様/枚数 1〜500枚 501〜1000枚
コート紙(グロスニス) 追加料金なし 追加料金なし クラフト紙 ¥27,500 ¥31,500
コート紙(マットニス) ¥5,600 ¥8,500 上質紙 ¥27,500 ¥31,500
マットコート紙 ¥27,600 ¥31,500 トレーシングペーパー ¥30,700 ¥33,500
新聞紙 ¥30,700 ¥33,500      

コート紙(グロスニス)

一番ポピュラーで、歌詞カードやライナーノーツなどで良く使用される紙質です。街においてあるチラシなどで光沢がある一番良く見るタイプのものを想像していただければ良いかと思います。印刷の仕上がりは発色が良く、光沢感がありツルツルとした質感の用紙です。

コート紙(マットニス)

上記のコート紙(グロスニス)より光沢感を抑えたものがコート紙(マットニス)です。コート紙(グロスニス)よりももう少し光沢感を抑えたいという要望のあるお客様には最適です。

マットコート紙

コート紙ほどの光沢はありませんが、光沢が全然ない訳ではありません。インキがのった部分は光沢感がでるような仕上がりが特徴です。コート紙ほどの光沢は必要ないが、ある程度発色もよく落ち着いた、しっとりとした仕上がりがを求めるお客様にはこのマットコート紙は向いているでしょう。

新聞紙

まさしく新聞紙を想像いただければ、それそのものです。それゆえ強度はもちろん弱い紙になります。しかし他の紙にはない独特の風合いと手触りですので、ぴったりとあったデザインがハマればとてもインパクトのある投げ込み印刷となります。

クラフト紙

クラフト法によって製造されたパルプを原料とした洋紙ので、強度を落とさぬよう漂白工程を行なわない紙です。ダンポール表面や封筒のような茶色が特徴的でザラッとした質感があり、光沢はほとんどありません。これも新聞紙同様に特徴的な紙ですので非常にインパクトがあります。

上質紙

紙表面に加工していない非塗工処理紙となります。特徴としてはペンや鉛筆などで記入出来ることがあります。印刷の仕上がりとしては、インキがによる盛り上がりもなくフラットで、なおかつ発色をおさえた温かみのあるザラッとした仕上がりとなります。

トレーシングペーパー

透明感のあるトレーシングペーパーは、見た感じでは薄いプラ板のようですが、ちゃんと木材パルプを原料とした紙となります。透明感があるため重なったときに下の印刷が映り込んできます。ですのでそういった効果も含めたデザインを行いたい場合にご利用下さい。

まとめ

CDを手にした人にとって歌詞カードやライナーノーツは、ミュージシャンのメッセージをより明確に伝える翻訳機のようなものです。かつて私もワクワクしながら読みふけっていたことがあります。歌詞などは特に行間や字間、漢字かひらがなかなどによって驚くほど印象は異なりますし、加えて紙質によって温かみなども感じることも出来ます。歌詞などは耳コピしていた言葉と実は違っていたりということもおきたりするのも醍醐味かもじれません。配信やサブスクリプションが多くなった今だからこそフィジカルにしかあり得ない表現が投げ込み印刷にはあるのではないでしょうか。

CDプレス・ジャケットデザイン|EXTREME-LAB

紙ジャケット4パネルの「中面継目」とは何か?メリットとデメリットをご紹介

ここ数年、従来の定番商品だったジュエルケースよりも紙ジャケットのご注文が上回ってまいりましたが、紙ジャケット4パネルの「中面継目」についてのご質問を定期的にいただくので今回記事にまとめさせていただきました。これから紙ジャケット4パネルでのご注文をお考えのお客様はぜひ参考にご覧頂ければ幸いです。

中面継目とはなにか?

通常の紙ジャケットE式4パネルはジャケットを見開いた時に左右のページの間に白い余白ができるのですがこれを弊社では「中面継目」とよんでおります。何故継目が出来てしまうかというと、元の紙ジャケットテンプレートの展開図が継目が出来てしまうような仕様になっているためです。これは、中面に継目をもうけたほうがジャケットを開閉しやすいということ、そしてコスト面での理由があります。変わって、紙ジャケットA式は基本的すべて「中面継目なし」となっています。

通常の紙ジャケットE式は「中面継目あり」

通常の紙ジャケットE式は中面の継目があります。以下は弊社の「K4-01」というテンプレートの展開図ですが、サイズは 縦126mm×横125mm×背3mm 、ポケットは1つで見開き状態の右側にあり、ポケットには切込あり、内側からCDや歌詞カードを封入する仕様となっております。

  中面継目あり:展開図
中面継目あり

表紙に当たる部分が「COVER」、裏面が「BACK」、中面左側が「INSIDE COVER」、中面右側が「INSIDE BACK」となります。センターで折り返して糊付する仕様ですので、シンプルで汎用性の高い作りとなっております。展開図をご覧いただくと分かるかと思いますが、中面左右のページが繋がっておりませんので、このまま組み立てることにより中央に白い余白が出来ることとなります。

紙ジャケットE式で「中面継目なし」も可能

通常のE式より若干料金が上がってしまいますが中面に継目のない紙ジャケットE式のご依頼も可能です。以前は…というか現在でも行っておりますが、この継目をなくすために紙の裏面に印刷を行うという方法をとっておりました。つまり継目の白い部分に印刷をしてしまうということです。しかしその場合、表面と裏面とで紙質が異なるため色の誤差が発生してしまうので最近ではほとんど行っておりません。※弊社に関してですが。下記が中面継目なしの展開図となります。中面にあたる左右ページに切れ目がありませんので、中面が繋がった状態で組み立てられることとなります。

中面継目なし:展開図

中面継目なし

紙ジャケットA式はすべて「中面継目なし」

紙ジャケットA式についてはすべて中面継目なしの仕様となっております。それは「紙ジャケットE式とA式の違い」のページにも記載しておりますが、E式は上記にも述べましたように組み立てる上で発生してしまう左右の切れ目部分です。変わってA式は左右ページにまたいで一枚の紙を貼付するので中面に継目がありません。

中面継目なしのメリットとデメリット

「中面継目なし」については左右にまたがったイラストや写真などを使用する際には絵柄を途切れさせずに表示出来るという利点がありますが、若干コストが上がってしまうというデメリットがあります。逆に「中面継目あり」はコストが安いというメリットがありますが、絵柄が途切れてしまいます。

まとめ

やはりデザインをより良く見せるという意味においては、中面が繋がっている方が圧倒的に見栄えは良いかと思います。コストが上がってしまうとはいえ、そこまで大きな差ではございません。ただ、紙ジャケット4パネルのテンプレートは全部で9種類ありますが、そのうち中面継目なしは1ポケットのタイプと、2ポケットのタイプの2種類のみです。ジャケット本体自体のサイズをこだわりたいという場合は中面継目なしのほうがバリエーション豊富ですので選択肢は広がるかと思います。コスト的な観点、デザイン的な観点、サイズの観点から最適なジャケットをお選びいただくことをお勧めいたします。

1 2 3 4 12