2018年 最新の音楽情報をチェック出来るサイト7選

まだインターネットが普及する前の自分の時代(1990年代なかごろ)は、ミュージックライフやクロスビート、rockin'on等の音楽雑誌やbeatUKやFactoryなどの音楽番組が洋楽情報を知り得る情報手段でした。今は情報が多様化しておりさまざまなコンテンツからあらゆる情報を手に入れる事が出来ます。しかし、逆に情報が多すぎて自分にとっての「良質」な音楽を知りうるのは昔よりも難しいかもしれません。今回は最新の良質な音楽を知る事の出来るサイトを、実際に視聴する事で判断出来るようなコンテンツに厳選していくつかご紹介したいと思います。

Spotify

とにかく最先端!鮮度が高く多様性に優れた音楽情報

昨年の日本上陸以降、破竹の勢いで進撃しているSpotifyですが、「プレイリスト」や「ジャンル&気分」などユーザーフレンドリーなUIと、アプリ等とのシームレスな連携なども相成り、まるで空気のように音楽が生活に溶け込んでいると感じさせてくれるサービスです。世界規模で展開しているサービスですのでそのパイは巨大で、The Hotpantz(ザ・ホットパンツ)やAmPm(アムパム)など日本国内では無名に近くともSpotifyから世界中に知られる事になった日本のアーティストも出てきました。そんなSpotifyのチャートは「トップ50(グローバル)」「トップ50(日本)」はもとより国別のトップ50なども提供されているため、よりダイレクトな音楽シーンをチェックする事が出来ます。

Spotify

spotify

Bandcamp Weekly

メインストリームとは一線を画す、少しオルタナティブな最新情報

2007年にアメリカで立ち上げられたBandcampはアーティスト自身が直販でき、いわゆる「投げ銭」方式を取り入れた事で作り手にとって非常に有益なプラットフォームとなりました。メジャーなアーティストも多数参入しておりますが、インディペンデントな活動をしている気鋭のミュージシャンにとっても敷居が低く手軽に自らの音楽を発信出来るため非常に鮮度の良い新しい音楽をチェックする事が出来ます。中でもBamdcamp Weekly(バンドキャンプ ウィークリー)は、Bandcampによってセレクトされた良質な音楽が毎週配信されており、メジャーなアーティストに限らずローカルな活動をしているアーティストもピックアップされることがとてもユニークなコンテンツです。

Bamdcamp Weekly

bandcamp

NPR Music Tiny Desk Concerts

温故知新!等身大のミュージシャンによる良質な音楽

NPR Music Tiny Desk Concert(タイニー・デスク・コンサート)はアメリカの公共ラジオ放送NPR(National Public Radio)のオフィスによって定期的に開催されているコンサートです。オフィスであるため特に大掛かりな音響機材などはなく、基本的にはアンプラグドな演奏なのですが、かといってアコースティックなアーティストだけに限らずエレクトロからヒップホップ、若手からベテランまで幅広いアーティストが演奏しています。最先端の音楽ばかりではないですが、非常に良質で今まで自分が知る事のなかったジャンルのミュージシャンなどを知る事の出来るとても有意義なコンテンツです。

tiny desk concert

tinydeskconcert

KEXP

ラジオ局によるスタジオ・セッション

アメリカはシアトルのFMラジオ局KEXP(90.3FM)によるYoutubeチャンネルです。ロックやヒップホップ、そしてカントリーまで幅広いジャンルを扱い様々なイベントも開催しているKEXPの局内スタジオ・セッション映像です。ラジオ局主体なだけあって非常にタイムリーで勢いがあり、良質なアーティストを知る事が出来ます。Youtubeチャンネル内のFull Performanceでは30分近いライブをフルで視聴する事が出来るため、気になったミュージシャンをより深く知る事が出来ます。

KEXP Full Performance

kexp

Jam In The Van

旅するバンで繰り広げられるちょっとおかしな最新ROCK

なんとバンの中にスタジオを作り上げ、アメリカ中を横断しながら各地のアーティストを紹介している「Jam In The Van」。この奇妙奇天烈なバンに集うのは当然ちょっとおかしなアーティスト達。ジャンルは様々ですが、おおむねオルタナティブなロック系が多いです。未来のスーパースターになる前の卵か、はたまた時代に埋もれてしまうか、いずれにしろ決してメジャーなステージでは中々お目にかかれない多種多様なアーティストを知る事ができるとてもユニークなコンテンツです。

Jam in The Van

jaminthevan

BOILER ROOM

ロンドン発!世界中から発信される最新のDJプレイ

イギリスはロンドン発のBOILER ROOM。ドイツのベルリン、アメリカのロサンゼルス、そして東京にもその拠点を広げ、世界各地からライブやDJのプレイをリアルタイムでネット配信し、アーカイブしています。

BOILER ROOM

boilerroom

SoundCloud

様々なジャンルから最先端の音楽をチェックできる

SoundCloud(サウンドクラウド)は、ドイツのベルリンに拠点を置くSoundCloud Limitedが運営する音声ファイル共有サービスです。昨年は運営の継続が危ぶまれたりしておりましたが、何はともあれコンテンツの素晴らしさは今も健在です。「Charts」からはジャンルを絞り込んだりオールジャンルでの「Top50」や勢いのある楽曲や新しい楽曲の「New&Hot」などもチェック出来ます。Spotify同様に今最もイケている(死語!?)といっても過言ではない音楽を知る事が出来ます。

SoundCloud Charts

soundcloud

まとめ

いかがでしたでしょうか?海外ではレーベルなどがそれぞれYoutubeチャンネルなどでアーティストを紹介してたりするので、更にマイナーでオルタナティブな新しいアーティストを色々知る事が出来ます。しかし最初に述べましたようにあまりにも膨大な情報量のため、今世界的に何が主流か?どんなムーブメントがおきているのかということを正確に理解するのは難しくなりました。特に1つのチャートだけを見て判断するのもある種偏っているともいえますので、自分が信頼出来るチャートをいくつか持っておく事も大事なのではないでしょうか。

CDプレス・ジャケットデザイン|EXTREME-LAB

CDプレスとCDコピーの違いとは?

CDプレスを失敗しないために注意すべき7つの事」の記事でも書きましたが、「CDプレス」と「CDコピー」についてもう少し掘り下げてみたいと思います。この2つ実は全然性質が違うものなのですが意外に明確な違いを理解している人は少なく、この違いが分かっていないとCD制作をした際に後々トラブルになりかねませんので参考までに読んでいただけたら幸いです。

【1】性質の比較

まず最初にそれぞれの性質を以下に記載致します。赤い文字はメリット、青い文字はデメリットとなります。

CDプレス

料金=高い

再生機器による互換性の問題=少ない

音飛びや再生の不具合=少ない

大量生産=向いている

 

CDコピー

料金=安い

再生機器による互換性の問題=多い

音飛びや再生の不具合=多い

大量生産=向いていない

【2】料金について

icon-1691359_1920

料金についてはCDコピーの方が安いです。逆に、なぜCDプレスのほうが料金が高いかといえばそれは「スタンパー」と呼ばれる料金が発生するためです。しかしスタンパー代によってコストが高くなるかわりに、大量生産に対応し、ディスクの精度を上げる事にもなっています。

 

 

スタンパーとは?

スタンパーとは、印刷でいうところの「版」になります。もっと簡単にご説明すると、たい焼きなどを作る際の「金型」のようなものです。大量生産するためには、すべての商品が均一の品質で作られる必要があるため、それを可能にするために最初に「版(型)」を作るのです。スタンパーは、光ディスクの表面にマイクロメートル単位の細いミゾが刻まれ、光ディスクを射出成形機で製造する際、ミゾを形成する精密な金型原盤として出来上がります。そしてこのスタンパーをたい焼きでいうところの「金型」として使用してCDを大量生産します。

 

CDコピーの製造方法は?

上記のスタンパーを使用したCDプレスとは異なり、CDコピーはCDにレーザーを当ててデータを記録しています。いってしまえばレーザーで焼くことにより焦がす事で、ミゾの代わりとなりCDプレスと同じようにデータを保存できるわけです。

【3】不具合などのリスク

drunk-1013898_1920

単純に料金だけで判断するには問題があります。それはCDプレスとCDコピーでは不具合のリスクが大きく異なるからです。料金が高い分、CDプレスのほうが圧倒的に不具合のリスクは低くなります。故に、CDプレスは大量生産に向きCDコピーは少量生産に向いているともいえます。

 

 

再生機器による互換性の問題

CDコピーの場合、正常に書き込まれたはずのディスクでも再生機器との相性が悪いと再生が安定しなかったり、場合によっては再生ができないというケースもあります。それは書き込むソフトや書き込み方の細かな設定、そして再生機器自体の性質など様々な要因によって起こり得ます。

 

音飛びや再生などの不具合

CDコピーの場合はこのようなリスクも高まります。CD-Rメディア自体の品質もあるかと思いますが、上記と同様に書き込み時の設定や再生機器による原因もあるでしょう。そして何よりもCDコピーはレーザーの焼き付けによって記録しているため、年数が経つ事により経年劣化で色素が抜けてしまいこのような不具合に繋がる事があります。年数が経ってからの音飛びや不具合は多くの場合経年劣化が原因と思われます。

【4】性質を理解して注文する

scale-306515

上記の点を踏まえて気をつけるべき事はそれぞれの性質を理解した上で注文すべきという事です。単純に「金額」という一点だけで比較するのはよくありません。金額も非常に重要な比較ポイントですが、不具合や返品などが発生してしまっては長い目で見た時かなり損だといえます。

販売目的で大量生産が必要な場合CDプレスがオススメ

販売目的の場合後々のトラブルは避けたいものです。音飛びであったり再生機器の不具合などのクレームが来れば、それに対応しなければなりませんし生産枚数が増えれば増える程その負担は大きなものになってしまいます。そして商品の再生産や再発送などによって結局大きなコストが発生してしまうという事にもなりかねません。こういったことを防ぐためにも販売目的の商品や品質を重視する商品に関してはCDプレスがよいといえます。

 

サンプルとして少量配布するようなものはCDコピーでOK

サンプルとして無料配布するようなものや、ごく少数だけ必要という場合に関してはCDコピーで充分でしょう。仮に不具合があってもクレームなどの心配もなく、クレームがあった場合にも対応出来る範囲の物量とコストであれば出来るだけコストを抑えて生産する事が重要ですのでCDコピーがオススメです。