トップ  >  ほんの少しだけ写真に手を加えておしゃれでかっこいいCDジャケットにするには

ほんの少しだけ写真に手を加えて
おしゃれでかっこいいCDジャケットにするには

CDジャケットに自分で撮影した写真を使いたい、というお客様は結構多いのですが自分で仕上げると「どうも雰囲気が出ない」「イマイチかっこ良くない」という声を良く聞きます。

今回は、デザインの知識など全くないという方にむけてほんの少しだけ手を加えるだけで見栄えがよくなる非常に初歩的なテクニックをご紹介します。テクニックというよりはごまかしに近いかもしれませんが、全くの初心者の方などに参考にして頂ければと思います。

まず、なぜ雰囲気が出ないのか、ということですがそれにはいくつかの要因があると思われます。

【要因1】写真が生っぽい

これはどういう事かというと、撮ったそのままの空気感ということです。
その場の記録としては良いですが、CDジャケットは音楽を包み込むパッケージですのであまりに記録的な写真では雰囲気が出ません。
プロのカメラマンは撮影時に露出やシャッタースピードなど計算しているのでそのままでも成立するような写真を撮れますが、一般の人が撮影した写真は撮ったそのままの空気感だとCDジャケットになった時あまり雰囲気が出ません。

CDジャケットデフォルト1

CDジャケットデフォルト2

上記の写真はまさに撮ったそのままです。このままCDジャケットにしたのではあまり雰囲気が出ませんね。デザインの現場では生っぽさをなくして雰囲気を出すためにコントラストや色調補正、その他様々なエフェクトなどを使用しますが、手っ取り早く見栄えを良くするには「モノクロ」にしてみてはどうでしょう。

モノクロにしてみる


CDジャケットモノクロ1

CDジャケットモノクロ2

少し雰囲気が出ませんか?
モノクロにする事で生っぽさがなくなるので、これだけでジャズやアンビエント系の音楽などにも合いそうな雰囲気かと思います。

薄くしてみる

次にオススメするのが色を薄くしてしまう、ということです。

CDジャケット薄い1

CDジャケット薄い2

これも薄くする事で生っぽさが多少ごまかせ、全体的に柔らかい印象になったかと思います。たとえばフォークやポップスなどナチュラルなサウンドに合いそうな雰囲気です。

コントラストをあげてみる

薄くするのと逆に、コントラストを強めてしまうという方法です。。

CDジャケットコントラスト強い1

CDジャケットコントラスト強い2

こうすることである種のインパクトが出るので、ロック系やR&Bなどにもあうイメージかもしれません。

【要因2】写真の構図がよくない

写真の善し悪しは構図で決まるといってもいいくらいですがバランスのとれた美しい構図で写真を撮るのは難しい事です。

アップにしてみる

なのでこの際、被写体をアップにしてしまう。というのはどうでしょう。

CDジャケットアップ

写真の中に様々な対象物があればあるほど構図が難しくなるので、桜と空だけにしてしまえば多少バランス的にごまかしがききます(笑)。

どアップにしてみる

更にどアップにしてしまう、というのもひとつの手です。

CDジャケットどアップ1

CDジャケットどアップ2

CDジャケットアップ3

CDジャケットどアップ4

対象物に寄りまくる事で、幾何学的な印象を与えるので画的にも面白いかと思います。

本当に簡単で初歩的なテクニックですが、参考にして頂けたら幸いです。
あとCDジャケットにおいて更に重要なポイントとして文字の入れ方がありますが、これはまた次回ご紹介したいと思います。

前
スタッフブログを開始しました。
カテゴリートップ
Blog
次
CDジャケットデザインにおける文字の入れ方