CD・DVDプレスは多くの規格に基づき、お客様より各素材をご支給いただく必要があります。
必ず、下記内容をお読みいただけますようお願いいたします。

音源マスター制作ガイド

●マスターのバックアップを必ずとってからご入稿ください。マスターに不備がないか入稿前にご確認ください。マスターの記録面に傷等がないかご確認ください。

●CD-R(CD-DA/CD-ROM)マスターの場合は、必ずディスクアットワンス方式で書込みを行ってください。

●ご支給マスターの不備の確認は台湾工場での確認となり、工場での検査によっては生産不可と判断される場合があります。工場確認でマスターに問題があった場合、再度マスターをご支給していただく必要があります。この場合、納期延長となりますが、それに伴う責任は負いかねますのでご了承ください。

●弊社はDDPマスターを推奨しておりますが、DDPマスターの作成は専門的な知識が多少必要となるためレコーディングスタジオ、オーサリングスタジオでの作成をお勧めいたします。工場でのDDPの検証作業は行わず、ご入稿のDDPのまま製造されますのでお客様で充分ご確認の後、ご入稿をお願い致します。

●CDテキストは作成ソフトの互換性から作成時にエラーになる場合があるため入れないで下さい。

製造可能なCD・受取可能なマスター

製造可能なCD

音楽CD(CD-DA)=収録時間:74分以内(99曲まで)

※規格では74分以内までの収録ですが規格外で最大78分59秒まで収録が出来ます。ただし、再生保障対象外となります。

データCD(CD-ROM)=収録容量:640MB以内

※規格上では640MBとなりますが、最大694MB以下まで記録可能です。

CDエクストラ(CD-EX)=収録容量:音楽CD部容量+データCD部容量=694MB以下

受取可能なマスター

CD-Rマスター

■書込み方法:ディスクアットワンス
■書込み形式
音楽CD(CD-DA)、データCD(CD-ROM)、CDエクストラ(CD-EX)
※必ず音楽CDを作成される場合、CD-DA形式でマスターを作成してください。wavファイルやmp3ファイルをデータとして書き込むとCD-ROM のマスターが作成されてしまいます。

DDP マスター

DDPファイルは容量が大きくなりますのでBitsendなどのオンライン転送サービスからinfo@extreme-lab.net宛にお送りください。
DDPマスターの作成は専門的な知識が多少必要となりますので、レコーディングスタジオやオーサリングスタジオでの作成をお願い致します。
工場でのDDPの検証を行いませんので、ご入稿のDDPのまま製造されます。ご入稿前に充分ご確認をお願い致します。

 

マスターの発送について

弊社ではDDPデータのオンラインでの入稿を推奨しております。DDPファイルは容量が大きくなりますのでBitsendなどのオンライン転送サービスからinfo@extreme-lab.net宛にお送りください。

《オンラインデータ転送サービス》Bitsend

《送付先メールアドレス》info@extreme-lab.net

 

郵送でマスターをお送り頂く場合は宅急便、ゆうパックなど受取確認ができる方法で、マスター・サブマスターの合計2枚をお送りください。ケースおよび盤面に商品の中身が分かるよう品番をマジックなどでお書きください。

《マスターの送付先》
エクストリーム・ラボ
〒365-0054 埼玉県鴻巣市大間774-1
Tel. 048-577-4424

※お送り頂いた、マスターは返却できませんので、ご了承お願い致します。

印刷データ作成ガイド

Illustrator データについて

Illustratorデータの入稿について

●必ず当社のテンプレートをご利用ください。

●カラーモードは必ずCMYK に設定してください。

●全ての文字を必ずアウトライン化してください。

●全ての配置画像を必ず「埋め込み」にしてください。

●断裁を考慮し、3mm分「塗り足し」をしてください。

テンプレート

テンプレートデータは弊社HPないのダウンロードページよりダウンロードしてご利用ください

原産国表示について

原産国表示について 販売用のCDを海外生産する場合、輸入通関する時に原産国表示(原産地表示)が必要となります。弊社エクストリーム・ラボは台湾工場となりますので、原産地表示は「Pressed In Taiwan」「Made in Taiwan」などとなります。この原産国表示を盤面印刷面やバックインレイに表記をする必要があります。