CDプレスを失敗しないために注意すべき7つの事

弊社も含め、ここ10年くらいで海外工場などと提携する業者が増えたため一昔前はCDを個人で生産する事など夢話でしたが、今では個人でも安価でCDを作成出来るようになってきました。
・・・とはいえ、ジュエルケースで1000枚プレスするとなると10万円以上はかかってきますので出来る限りリスクを回避し高品質なクオリティで作品を完成させたいものです。ミュージシャンの方々にとってCDは音楽を届けるツールであると同時に、自身のアイデンティティを形にした「作品」でもあります。曲作りやレコーディングに時間をかけ、やっとの想いで作り上げたのにCDプレスで失敗してしまっては元も子もありませんので、CDプレスを行う前に是非チェックしておいた方が良い項目をまとめてみました。

いきなり何を言っているんだと思われる方もおられるかもしれませんが「CDプレスとCDコピーの差を知らずに注文した商品が納品され、実はCDコピーだった」と、過去に他社で注文したお客様からお話を聞いた事があります。ではCDプレスとCDコピーとの差はどのようなものなのか以下に記載したいと思います。

CDプレスとは

CDプレス(プレスCD)とは、原盤(※スタンパーと呼ばれる金型)を作り、その原盤を使用して物理的にくぼみをつけてデータを記録します。物理的に高精度にプレスされているため再生機器との互換についての問題が生じることは、CDコピーと比較してとてもに低くなります。なおかつ大量生産を行なうのに向いた製造方法になります。

CDコピーとは

皆様も家庭のパソコンでCDを作成したことがあるかと思いますが、CDコピーはそれと同じでCD-Rディスクにデータを焼き付けて複製する方法です。この方法で生成されたCD-Rは基本的にはCDプレーヤーやパソコンで再生することは可能ですが、CDプレスに比べて互換性が低く、規格の違いなどにより再生できないなど不具合が発生する場合もあります。あるいは長い時間太陽光に当てるとデータが読み込めなかったり音飛びしたりと、販売用のCDとしてはリスクが大きいため不向きです。

異常に安価の場合はCDコピーかどうか確認すべし

以前ご相談受けたお客様は安価だったためCDプレスとCDコピーの差も確認せずに注文・生産し、販売後に購入者から音飛びや再生不備などのクレームが多発したため確認した所CDコピーだったという事を知り、結局CDプレスで生産しなおしたという事がありました。あまりにも安い場合にはこの点について注意が必要です。

【2】紙の厚さを確認する事

紙の厚さとは何かといえば、

・ジュエルケース→フロントジャケット、バックインレイ、帯
・紙ジャケット→紙ジャケ本体、投げ込み印刷、帯
・デジパック→デジパック本体、投げ込み印刷、帯

・・・の紙厚となります。これらはCDを手にした人の印象を変える重要なポイントでもあり、CD自体の耐久性を左右しますのでCDプレスの際には理解をしていた方が良い事項です。

本体ケースの厚さ

これは紙ジャケットとデジトレイに関しての本体ケースの紙厚になります。エクストリーム・ラボでは

・紙ジャケット2Pは260GSM
・4P紙ジャケット、デジパックは340GSM

という、一般的な紙厚で承っております。

投げ込み印刷の紙厚

ジュエルケースの「フロントジャケット」と、紙ジャケットとデジトレイにおける「投げ込み印刷」についての紙厚となります。
エクストリーム・ラボでは通常の紙厚は150gsm(135kgくらい)という少し厚めの紙厚で生産しておりますので、しっかりとした仕様になっています。

これら紙の厚さを確認しないでプレスしてしまうと、実際に仕上がったCDが届いたときに「思ったよりペラペラだった」という事になりかねません。CDは単純に音楽のパッケージだけではなく、その音楽のコンセプトやメッセージを伝える役割も担っていますので安っぽい仕上がりではせっかくの音楽が台無しになってしまいます。印刷やデザインに精通している方でない限り紙厚まで注意を払う事はなかなか難しいですが、特にあまりに安いCDプレス業者での生産をお考えの場合は事前に確認する事をお勧めいたします。

【3】印刷データは必ず「CMYK」に

せっかくデザインされたジャケットデザインの仕上がりが「思ったもの違った」となる場合、よくある原因として「色」の違いがあります。パソコンのモニターで見ていた時はもっと鮮やかでカラフルな印象だったのに実際に印刷されたジャケットはくすんで暗い印象になってしまったという事は実際によくあるトラブルです。ではこのような現象が起きないために何をすれば良いのでしょうか。

RGBカラーとは?

RGBカラーは、光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」の事を表します。PCやデジカメ、テレビなどの画面はこのRGBカラーで色が再現されています。モニター自体が光を放ち、その光が混ざり合う事で色を表現するため、これらは混ぜれば混ぜるほどに色は明るく、白色に近づいていくので『加法混色』といわれます。

CMYKカラーとは?

CMYカラーは色料の三原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)」の事になります。雑誌やチラシ、ポスターなど紙に印刷されたものはこのCMYKによる表現になります。絵の具を沢山混ぜれば混ぜるほど黒に近づくのと同じで、これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり『減法混色』といわれます。

CDジャケットのデザインはCMYKで

RGBとCMYKでは、表現できる色の領域が異なってきます。RGBの方が表現出来る色の領域が大きいためRGBでは再現することが可能な色でも、CMYKでは再現できない領域があるということです。ですのでRGBで作成されたデータを印刷してしまうと、再現することのできない色の領域が別の色(CMYKでの近似色)に置き換えられるため、全体的にくすんだ色味に仕上がってしまうのです。ですのでCDジャケットの印刷用データは、必ずCMYKカラーで作成する必要があるのです。

【4】規定事項の表記

CDをよく見てみると様々な規定文が書かれている事が分かります。注意書きや著作権に関する表記、品番、発売日、ディスクの取扱いなど色々あります。必ず表記しなければならないという事は少ないのですが、自身のCD(作品)を長いスパンで管理するためには予め記載しておいた方が良いことは多々あります。一度CDプレス、印刷をしてしまうとあとから追記できるものでもないため、事前に自分のCDに記載しておくべき規定分を把握して表記しておく必要があります。

表示されるべきもの

日本レコード協会規格(RIS 204 -2002)オーディオCDの表示事項及び表示方法によるとオーディオCDに表示されるべき基本的な項目及びその内容は、

システムロゴ
CDの製造・販売に関するライセンス契約に基づくオーディオCD用のロゴ。

シンボルマーク
8センチオーディオCD用の業界統一マーク。

レーベルマーク
当該オーディオCDを発売するレコード会社が所有・管理する商標,原盤契
約などに基づき使用する商標・マークなどの総称。

収録内容
アルバムタイトル,トラックタイトル,作者名(作詞者名,作曲者名など),実演
家名(歌手,演奏者,指揮者など)など,当該オーディオCDに収録されている作品の内容に
関する情報の総称。

トラックナンバ(TNO)
オーディオCDの収録トラックを識別するための番号。

録音方式又はその略号
当該オーディオCDに用いられた音源の録音方式名又はその略号。

録音使用許諾表示
当該オーディオCDに収録された音楽著作物は,権利者の許諾を得たものであることを明示するもの。

P(丸にP)表示
P(丸にP)表示は,当該オーディオCDに関するレコード製作者の権利について,実演家等保護条約及びレコード保護条約の規定に基づく条約上の保護を受けるための必要要件。

発売年月日
当該オーディオCDの新譜発売年月日(定期発売日又は臨時発売日)。

録音方式又はその略号
当該オーディオCDに用いられた音源の録音方式名又はその略号。

L(丸にL)/Y(丸にY)表示
当該オーディオCDが邦盤であるか、洋盤であるかを識別する記号。“邦盤”と“洋盤”の区分は,音楽の邦楽・洋楽とは関係なく,収録されている作品の音源が国内原盤のときは“邦盤”,外国原盤のときは“洋盤”とする。

貸与許諾禁止表示
当該オーディオCDを発売するレコード会社が貸与権に基づき,貸与許諾を禁止している商品の場合,その旨を明示するもの。

無断賃貸・複製・送信可能化禁止表示
レコード会社及び関係権利者の権利擁護のため,貸与権,複製権及び送信可能化権に基づき,違法な賃貸・複製・送信可能化行為を禁止する表示。13) 原産国表示 当該オーディオCDを製造した国名の表示。景品表示法に基づく商品の原産国に関する不当な表示(告示)及び運用基準による。

商品番号
RIS 502に基づく商品分類用の記号・番号(日用品番)。

JANコード
JAN(Japanese Article Number)コード体系に基づくPOSシステム用バーコード。

価格
当該オーディオCDを発売するレコード会社が表示する小売価格。

再販価格適用期限
時限再販制度に基づく再販価格の適用期限(年月日)を示す表示。

発売会社名又はその略号
当該オーディオCDを発売するレコード会社の社名又はその略号。

製造会社名又はその略号
当該オーディオCDを製造した会社の社名又はその略号。

注意事項
消費者の不用意な取扱や保管による事故を防止するための記載事項。“取扱上の注意事項”と“保管上の注意事項”とがある。

録音関係事項
消費者の誤解・誤認を防止するために表示する録音に関する記載事項。

録音方式又はその略号
当該オーディオCDに用いられた音源の録音方式名又はその略号。

容器包装識別表示
外装フィルム等の再商品化義務のある容器包装を識別する表示。

・・・と表示されるべき項目を書いただけでかなりの長さになってしまいましたので具体的な文例や詳しい説明はまた別の記事で記載したいと思いますが、上記の項目は必ず載せなければならないという事ではなく「表示されるべきもの」ですので、例えば配布用のCDであれば販売価格の表記は必要ないですし流通させる訳でなければJANコードも記載しようがありません。この中で自身のCDに何を記載するべきかは自身で判断し選択する必要があります。

【5】音源はDDPでの入稿がオススメ

エクストリーム・ラボでは音源データについてDDPファイルでのご入稿を推奨しています。DDPとは「Disc Description Protocol」の略で、CDプレス用マスターのデータファイル形式での納品フォーマットになります。記録媒体に依存しないデータファイル形式ですので、HDDやUSBメモリなどに保存でき、オンラインデータ送付サイト(データ便やfirestrageなど)からもお送りいただけます。

DDPファイルのメリットとは

・仕上がりがマスタリング時のオリジナルデータに近い
・データの保存性が良い

現在ほとんどのプレス工場がDDP納品に対応し、CDプレス工場に納品するマスターは「DDP」が主流になってきました。特に海外のプレス工場でCDプレスをする場合にはマスターが手元に戻ってこないケースがあるので、そのままのオリジナルデータを自身のPCにバックアップしておけるDDPはとても安心が出来ます。またDDPはプレス工場での行程もシンプルになるので、音質変化が最も少ないという利点もあります。

DDPファイルのデメリットとは

良いことづくしのDDPですが唯一のデメリットと言えば、専用のソフトウェアがないとDDPファイルを開くことができないことになります。しかしWindows、MacともにDDPを開くフリーソフトなども提供されているので、それらを使って確認する事は可能です。

CD-Rで入稿する場合は

CD-Rでのご入稿の場合、CDプレス用のマスターは必ず「ディスクアットワンス」で書き込んでいただく必要があります。「トラックアットワンス」で書き込みを行った場合、プレスが出来なくなりますので、ご使用の書き込みソフトで必ずディスクアットワンスに設定して書き込んで下さい。そしてマスターデータとサブマスターデータの合計2枚をご入稿下さい。サブマスターはマスターデータに不備が起こった場合、納期の変更を最小限に抑えるための保険の様なものです。

DDPについてはレコーディングエンジニアの人などに確認をすれば、大抵分かるはずですのでご確認のうえ是非ともDDPでのご入稿をお勧めいたします。

【6】納期には余裕をもつ

ご注文いただく中で多いのが、一番直近のライブ・コンサートで販売をするためにギリギリのスケジュールでのデザイン&プレスを行う事です。限られた時間の中でご依頼いただく事はとても光栄で、その中でベストのものを作り上げるという闘志も生まれますが、ギリギリの中で制作を進めると予期せぬトラブルが発生する事も多々あります。ではどれくらい時間の余裕を持ってご注文をいただく事がベストなのか以下に記載したいと思います。

CDプレスにかかる納期とは

エクストリーム・ラボでCDプレスにかかる納期はおおよそ以下のようになります。

紙ジャケットE式・デジトレイ・ジュエルケース
工場に音源&デザインデータが届いてから8営業日(土日・祝のぞく)発送

紙ジャケットA式
工場に音源&デザインデータが届いてから10営業日(土日・祝のぞく)発送

バルクCD
工場に音源&デザインデータが届いてから6営業日(土日・祝のぞく)発送

投げ込み印刷
+1営業日

特殊加工(ホログラム・スポットUV・箔押し・エンボス等)
+4営業日

色校正
●紙ジャケットE式(本紙校正):+4営業日発送
●紙ジャケットA式(本紙校正):+8営業日発送
●デジトレイ(本紙校正):+4営業日発送
●ジュエルケース(本紙校正):+4営業日発送

発売の何日前の納品がベスト?

CDを流通させる場合には会社によってタイミングが異なるため、販売店や流通会社に確認してどれくらい前に納品する必要があるのかご確認下さい。流通させず、自分のライブでのみ販売するといった場合には遅くとも2週間前の納品をお勧めいたします。海外プレスの場合、天候の状況や税関のトラブルによって2〜3日遅れる事も稀にございますので、発売の前日や当日の納品は非常に危険です。1週間前の納品でも構いませんが、仮にCDに何か不備などがあった場合の事も考えて余裕を持って2週間前くらいの納品を推奨しています。

【7】CDプレス業者の選択

「CDプレス業者の選択」をCDプレス業者である弊社が書くこと自体、うさん臭く思われそうで躊躇しますが(笑)、あえてCDプレス業者の立場から業者を選択するための判断ポイントを記載してみようかと思います。アーティストの方々にとって「商品」となるCD、そしてフライヤーやポスターなどとは異なり一過性の制作物ではなく購入した人の手元にずっと残り続ける「アート作品」でありますし、CD制作に要する時間や手間は相当なものですので是非失敗のないように参考にしていただければと思います。

業者の強みを知る

Googleで「CDプレス」と検索すると星の数ほどCDプレス業者がヒットするかと思います。何を基準にその数多あるCDプレス業者を比較すれば良いか見当もつかない方もおられるのではないでしょうか?まずはその業者が何を一番「売り」にしているか?何に特化しているのかに焦点を当てることも業者を比較する1つのポイントになるかと思います。

価格の安さ
CD制作を考えるときに一番の判断材料となるのが価格の安さではないでしょうか?価格の安さは業者にとっては大きな強みの1つであり、利用者にとっては最大の魅力でもあります。ただ、注意する点は最初にも記載しましたが「CDプレス」ではなく「CDコピー」ではないか?そして、安く提供出来る理由として「紙厚が薄い」「材料が粗悪」「人件費を抑えている=仕上がりが雑」でないかという点です。弊社エクストリーム・ラボはもちろんCDコピーではなくCDプレスで、品質についてはISO9001取得工場での生産となりますので問題ないかと思います。価格はというと、業界でいえば平均的ではないかと思います。

納期の早さ
前述の「納期」の話につながりますが、実際は余裕を持ってご入稿いただきたい所ですがスケジュール的にどうしてもギリギリになってしまう場合は短納期に対応した業者もあります。弊社は8〜10営業日発送(オプションがある場合はそこに追加日数)なので、これまた平均的な納期だと思いますが早い所では3営業日などに対応した所もあるようです。

品質の良さ
これはHPを見ただけではなかなか判断しづらいと思いますので、場合によってはサンプルCDなどを取り寄せてみることも必要かもしれません。海外プレスの場合、「中国」「韓国」「台湾」の工場を使用している所がほとんどかと思います。それぞれの国の中に更に何社も工場があるのですが、弊社においては創立2002年、ISO9001取得の台湾の工場を使用しております。大手メジャーレコード会社も含む日本のクライアントが100社を超え、日本語の堪能なスタッフと日本語でやり取りしておりますので品質においては平均以上と自負しております。

エクストリーム・ラボの強み

大体のお客様が上記の「価格」「納期」「品質」で業者を判断するのではないでしょうか?では、ここから弊社の宣伝になってしまいますが(笑)エクストリーム・ラボの強みは何なのかも以下に記載させていただきたいと思います。

確かな品質
エクストリーム・ラボの強みは何かと言われれば、先にも述べましたがISO9001取得の工場による確かな品質という点です。紙厚については紙ジャケット2Pは260GSM、4P紙ジャケット・デジパックは340GSM、そして投げ込み印刷については150gsm(135kgくらい)と充分な紙厚によりしっかりとした仕上がりと印刷・アッセンブリのクオリティを誇ります。海外工場には日本語に長けたスタッフがいるため細かいニュアンスや指示も行う事が出来ます。

デザイン力
そして何よりデザインに力を入れております。メジャー、インディーズを問わず数多くのCDジャケットを手がけてきましたので「音楽」をCDという形にするための経験が豊富です。また画像加工や3DCG、イラストなどにも対応しているため幅広いデザインをご提案する事が出来ます。デザインはお客様自身がご用意するという場合でも、ご入稿いただいたデザインデータのチェックはまず弊社のデザイナーが行い、その後工場でもチェックをいたしますのでトラブルを防ぐための入念な確認を行われます。

豊富なテンプレート
紙ジャケット・デジトレイについて様々なテンプレートを用意しております。背幅やポケットの仕様(位置・切込み・封入方向)、中面継ぎ目についてなどが異なるバラエティに富んだな様々なテンプレートがあり、お客様のデザインに最も適した仕様をお選び頂く事ができます。紙ジャケット・デジパックについては2パネル、4パネル、6パネル、8パネルまでの全てのサイズにおいて複数のテンプレートがあり、CDジャケットによる表現の幅を大きく広げます。

多彩なオプション
紙ジャケット・デジパック本体の紙質についてはマットPP、グロスPP、コート紙(グロスニス)、コート紙(マット)、リバースボード、クラフト紙などがあり、それぞれの紙の特性を活かしデザインに反映いただく事が出来ます。投げ込み印刷についてはコート紙、マットコート紙、上質紙、新聞紙、クラフト紙、トレーシングペーパーなど多彩な種類があり、その他ホログラム加工や箔押し、スポットUVや白インクなどの特殊加工にも対応しており、お客様のCDジャケットデザインに最も適した選択が可能です。

まとめ

以上、「CDプレスを失敗しないために注意すべき7つの事」について記載いたしました。少し記事が長くなってしまいましたが参考にしていただけたら幸いです。細かい注意点をあげていくとまだまだ書き足りないのですが、それらはまた追々別の記事としてまとめてみたいと思います。ではアーティストの方、レーベル、レコード会社の方々でCD制作をお考えの時は是非エクストリーム・ラボにご相談下さい。

■お問合せ
■ご注文フォーム
■CDプレス
■CDジャケットデザイン

CDプレス・CDジャケットデザイン|エクストリーム・ラボ

まるでオモチャ箱!世界観がスゴい次世代の女性アーティスト

posted in: ニュース, 音楽 | 0

女性シンガーソングライター

いつの時代も女性シンガーソングライターは男性では到底発想も出来ないような世界観を創造してくれます。歌詞やメロディの音楽性はもとより、ファッション、映像なども非常に個性的です。今回は特に次世代を牽引する(もうすでにしている)世界観をもった女性アーティストをピックアップしてみました。

 

Grimes(グライムス)

カナダのバンクーバーを拠点として活動するグライムス。次世代というより結構前から今の時代を席巻しておりますが、独特のファンタジーな世界観と音楽はこれからも時代を牽引していく存在かと思います。個人的にはこのOblivionのPVが非常にキュートで印象深いです。

 

Little Dragon(リトルドラゴン)

スウェーデン出身のリトルドラゴン。エレクトロだけどアナログ感もあり、ポップで高い音楽制を持った世界観のバンドです。ボーカルで日系スウェーデン人のユキミ・ナガノのファッションもとても可愛らしく、この映像で叩いている化粧パレットに見立てたパッドも面白いですね。Gorillazとのコラボレーションでも話題となりました。

MØ(ムー)

デンマークの女性シンガーソングライターMØ(ムー)。エキゾチックでいて近未来的、といいますか他のアーティストとは一線を画した独特の世界観を持っています。PVはどれも凝っていて、まるで一本の映画を見ているようなクオリティです。

 

FKA twigs(FKAツイッグス)

イギリス出身のシンガーソングライターFKAツイッグス。父親がジャマイカ人、母親がスペイン人というルーツを持った彼女の創り出す音楽・ファッション・世界観もまた無国籍で誰とも似つかないオリジナリティがあります。音楽家と同時にダンサーという側面を持つ彼女のつかみ所のないカリスマ性は時に次世代のビョークとも形容されています。

 

 

Thunderpussy(サンダープッシー)

前述のアーティストとは打って変わってロックなバンドです。サンダープッシーという身も蓋もないバンド名からしてブッ飛んでますが、ライブパフォーマンスは更にクセがスゴい!(千鳥風に)です。3:00あたりからの展開はちょっと笑っちゃいます。

 

Hurray For The Riff Raff (ハレイ・フォー・ザ・リフ・ラフ)

ハレイ・フォー・ザ・リフラフという一度では覚えられなそうにない名前の彼女。17歳で家を飛び出し放浪の旅に出たというエピソードにも納得出来るほどに人生経験が豊富そうな顔立ちをしています。以下のHungry Ghostはロックなナンバーですが、フォーク、民族音楽など多様な音楽性を感じ取る事の出来るアーティストです。

 

Charly Bliss(チャーリー・ブリス)

ニューヨークを拠点に活動するチャーリー・ブリス。ボーカルエヴァ・ヘンドリックスのキュートな見た目からは想像出来ないハスキーボイスに完全にノックアウトされてしまいます。椿鬼奴的といいますか(笑)、ギリギリの感じが聴いていて心地よいボーカルです。まさにおもちゃ箱をひっくり返したような90年代を彷彿させる世界観もナイスです。

 

Edward Sharpe & The Magnetic Zeros(エドワード・シャープ&ザ・マグネティック・ゼロズ)

ゴールデン・グローブ賞も獲得した総勢11名からなるアメリカのグループ、エドワード・シャープ & ザ・マグネティック・ゼロズ。タイムスリップしてきたかのようなヒッピーなビジュアルと音楽性を持っています。その世界観を構築しているのが男性ボーカルのエドワード・シャープと女性シンガーのジェイド・カストリノス。彼女の持つ歌声、振る舞い、存在感がバンドとしての大きな核となっています。

 

Lucius(ルシウス)

ボストンのバークリ音楽大学で意気投合し結成されたLusius。まず目を惹くのがボーカル2人のファッション。髪型から足の先まで双子のようにシンクロさせ、そのセンスも非常にオシャレです。そしてユニゾンで心地の良いハーモニーが今の時代は逆に新鮮なものに感じます。

 

まとめ

いかがでしたか?男性にはない煌めきと美しさがあります。個人的にはサンダープッシーのインパクトにかなりやられました(笑)。しかし未だ時代のトップを独走しているのは、やはりクイーン・オブ・世界観「ビョーク」先生かもしれませんね。

 

エクストリーム・ラボの外部ブログ紹介!

エクストリーム・ラボでは外部のブログとして、はてなブログさんで「CDプレス&デザイン最新情報|ラボブロ」というものをやっております。このページにはあまり書かないような雑記や小ネタなどからCDプレスやCDジャケットについて深く掘り下げた記事まで、幅広く紹介していきます。
ちなみに以下のような記事がエントリーされてますので気になったらチェックしてみて下さい。

【洋楽】泣ける!限りある人生を讃える感動の名曲
お金を使わずバンドを売り込む7つのアイデア
歴史を作ったCDジャケットデザイナーたち
【BGM】ビートに乗って作業がはかどるHIPHOPチャンネル
フリーでダウンロードできる有名バンドのロゴフォント
紙ジャケットのCDプレスで注意すべき事

紙ジャケットのCDプレスで注意すべき5つの事

E式とA式_比較

 

紙ジャケットのCDプレスを依頼する前に抑えておきたいポイントとは?

CDの定番であったジュエルケース(Pケース)に変わって、紙ジャケットの需要が大変伸びています。大きな理由として価格がジュエルケースよりも安くなった事があるかと思います。エクストリーム・ラボで取扱っているジュエルケースのCDプレスと紙ジャケットを比較した場合、

 

300枚CDプレス

枚数ジュエルケース4P紙ジャケット4パネル
300¥93,200(税抜)¥88,500(税抜)

 

500枚CDプレス

枚数ジュエルケース4P紙ジャケット4パネル
500¥105,300(税抜)¥92,400(税抜)

 

1000枚CDプレス

枚数ジュエルケース4P紙ジャケット4パネル
1000¥123,300(税抜)¥117,300(税抜)

 

というように、紙ジャケットの方が安価でご提供できるようになりました。安価という理由以外にも、今までは店頭販売がメインだったため背の厚みがあるジュエルケースの方が棚に入れた時に探しやすいという理由で好まれておりましたが、今やAmazonを始めとするオンラインでCDを購入出来る時代なので背の厚みは気にせず、その分紙自体のアナログでオリジナリティの高い質感を求めるお客様が増えたからだと実感しております。需要が増えている紙ジャケットですが、CDプレスの際にぜひ注意していただきたいポイントがいくつかありますので参考までにご覧下さい。

 

【POINT.1】紙ジャケットは2種類ある

「A式」と「E式」がある

以外と知られていませんが紙ジャケットには大きく分けて2種類あります。「A式」と「E式」です。「A式(America)」はアメリカ式を意味し、「E式(Europe)」はヨーロッパ式を意味しています。日本の店頭でよく見かけ、一般的に普及している紙ジャケットはE式となります。普通の人はがこの両方を見比べてどこに違いがあるのか判断するのは難しいかもしれませんが、何度かCDを作ったことのある人やジャケットにこだわりを持った人は見ただけでその違いが分かるかもしれません。この2つは大きく「製造方法」「中面」「価格」が異なってきます。

 

E式とA式_比較

(上)E式  (下)A式

製造方法が違う

この2つがどう違うかというとまず製造方法に違いがあります。A式はボール紙製の芯材でジャケット本体を組み上げたあと薄い印刷紙を貼付するような製造方法です。「E式」は紙ジャケット本体の紙自体に印刷をし組み上げられたものとなります。製造方法の違いはお客様からしてみたらあまり気にする事でもないかもしれませんが、「A式」と「E式」ではその仕上がりが大きく変わってきます。E式に比べてA式はボール紙製の芯材を使用しているため非常に紙が厚いです。ではE式の紙厚が薄いのかといえばそんなことはなく、PP加工なども出来るため充分な紙厚と耐久性を持っております。

20
A式拡大図

中面が違う

これは製造方法が異なる事によって生じる事ですが、E式とA式では中面が大きく異なります。本体に印刷して組み上げるE式と違い、A式は左右にまたがる印刷紙を張り合わせて製造するため、見開いたときに左ページと右ページの間に継目が発生する事がありません。ですので見開きで大きなイラストや写真を扱う場合などはA式は非常に効果的に魅せる事ができます。

chigai_02
A式の中面継目

価格が違う

「A式」と「E式」の詳しい説明については「紙ジャケットE式とA式の違いとは?」に書かれておりますが、この2つを比較する上で一番大きなポイントとしては『価格』が異なる点にあります。製造工程の複雑な「A式」はE式と比較してコストが上がってきます。同じ紙ジャケット4パネル・500枚の仕様でもE式が92,400円(税抜)に対してA式は178,400円(税抜)と倍近い金額になってしまいます。

 

【POINT.2】内容に適したサイズを決めよう

紙ジャケット本体のページ数について○○ページ、など「ページ」で表記する業者もありますが、歌詞カードのページ数と混在して分かりづらいためエクストリーム・ラボでは2パネル、4パネル、6パネルなど「パネル」で紙ジャケットのページ数を表記しております。2パネルについては表紙と裏表紙のみのシンプルな仕様なので主にシングルCDや配布用のCDでは2パネルを選択する方が多いです。一般的なアルバムなどでは4パネルや6パネルを選ばれる事が多く、2枚組・3枚組・4枚組など複数のCDを封入する場合は6パネル、8パネルが選択されます。本体のページ数については、ジャケットデザインによってや本体に記載する文字量などによって適切なものを選択しましょう。

エクストリーム・ラボは上記の仕様の中にいくつもの異なるサイズのテンプレートを用意しています。2パネルは3種類、4パネル(E式)は9種類、6パネル(E式)は3種類、8パネル(E式)は3種類、とご用意し、縦横の大きさの違いはもちろん背の厚さがそれぞれ異なります。サイズについてはジャケットデザインのイメージに沿ってご希望のものをお選び下さい。

2パネル

Item-01

4パネル

Item-02

6パネル

Item-03

8パネル

Item-04

【POINT.3】『ポケット』の位置・入れ口・切込みは要確認!

紙ジャケットにCDや歌詞カードを封入する「ポケット」ですが、実はこのポケットにも色々種類があります。例えば4パネルの場合、見開いた状態の左右どちらかにCDを入れる訳ですが、左右のどちらにポケットがあるのか?外側から入れるのか?内側から入れるのか?ポケット部分に切込みはあるのか?などいくつかの選択肢があります。これはテンプレートによってそれぞれ異なるので予め確認をする必要があります。CDプレスが終わってから「外側からCDを封入するつもりだったけど、内側からだった」などということにならないようにしましょう。

template_kirikomi

【POINT.4】『紙質』によってCDジャケットの印象が驚く程変わる!

 

紙ジャケットのCDプレスでは本体の紙質を、コート紙(グロスニス)、グロスPP、マットPP、リバースボード、クラフト紙(有料)の中から選ぶ事ができます。それぞれ異なる特徴を持っていますので、ジャケットデザインにマッチした紙質をセレクトする事でよりCDとしての存在感が増して印象深いものとなります。紙についての説明は「紙について」のページに詳しく記載しております。

 

hinshitsu_002

●コート紙(グロスニス)

表面にPP加工をしていない一般的な紙質で、光にあてると反射しますがグロスPPほどの強い光沢はありません

 

コート紙(グロスニス)

●マットPP

紙の上にPP加工されていますが、グロスPPとは違い反射がほとんどなくシットリとした滑らかな質感です。

 

マットPP

●リバースボード

ザラッとした生成りな手触りで紙の表面に僅かな凹凸があり、光沢はほとんどありません。

 

リバースボード

●クラフト紙(有料)

ダウンボールのような素材で風合いがあります。紙自体が茶色なのでそれを計算した上でザインを作成する必要があります。

クラフト紙

【POINT.5】紙ジャケットには様々な『オプション』がある!

紙ジャケットには様々なオプションがあります。歌詞カードやライナーノーツを入れたい場合は「投げ込み印刷」。その投げ込み印刷の「紙質変更」。そしてお客様自身がジャケットをデザイン・印刷してご用意された場合は、それを弊社にお送りいただき「封入作業」を行う事も出来ます。その他、帯や不織布、スリーヴケースなどに加え、箔押しやエンボスなどの「特殊加工」などもお選び頂く事が可能です。

 

special_photo01

スリーヴケース

special_photo02

型抜き

special_photo03

箔押し

オプション料金(税抜価格)

本体・紙質変更投げ込み印刷投げ込み印刷・紙質変更封入作業(お客様提供アイテム)追加品(帯・不織布・スリーブケースなど)特殊加工分納

まとめ

以上、「紙ジャケットのCDプレスで注意すべき5つの事」いかがでしたか?一言に紙ジャケットといっても、実は色々な選択項目があることがお分かり頂けたのではないでしょうか。そしてこれらを知らずにご注文されてしまうと、仕上がったときにイメージと違ったということになりかねません。CDジャケットデザインを活かし、よりよいCDプレスを実現するためにも是非ご自身のイメージにあった適切なご選択をしてください。

 

 CDジャケットデザイン・CDプレス|エクストリーム・ラボ